創業補助金

2015年3月4日 NPO法人 HIMIT

創業・第二創業促進補助金の募集が開始されました。締切は平成27年3月31日(火)となっています。NPO法人 HIMITでは、申請支援を実施しています。


2015年1月26日 NPO法人 HIMIT

今度の創業補助金は、26年度補正で50億円、27年度で8億円の予算がつきました、補助上限額は200万、補助率2/3です。また、第二創業では補助上限額が1000万、補助率2/3となっています。第1回の応募は競争率が低いため、早めの申請準備をお願い致します。

2014年5月4日 NPO法人 HIMIT

 平成25年度補正予算 創業促進事業の募集の先行応募(3月24日まで)の採択結果が発表になりました。1,593件の応募に対し、761件の採択ということで、実に約47%の高い結果となっています。

 当募集は、平成26年6月30日(月)まで継続して実施されます。最大200万、補助率2/3ということで、創業時の資金不足に対応する補助金として、ぜひともご活用ください。NPO法人 HIMITでは補助金取得のため、事業計画書の作成や申請書の作成を支援しています。

2014年3月12日 NPO法人 HIMIT

 先日お知らせした下記の創業補助金ですが、これから創業する方だけではなく、既に創業した方(ただし、平成25年3月23以降の開業)でも応募が可能です。また、個人事業主の開業も対象になっています。

2014年2月28日 NPO法人 HIMIT

創業補助金の申請要領が発表になりました。

 

募集開始

平成26年2月28日(金)

 第一次締切

平成26年3月24日(月)〔当日17:00必着〕

最終締切

平成26年6月30日(月)〔当日17:00必着〕

となっております。

補助金額は、従来と変わらず200万(助成率2/3)と

なっています。起業をお考えの方は、ぜひ検討ください。NPO法人 HIMITでは、助成金申請の支援をおこなっています。

 

お問い合わせは、こちら

 

2013年12月24日 NPO HIMIT

創業補助金の次回の募集は、2014年3月になりそうですが、問合せも多数ありますので、下記にポイントを記載しておきます。
・個人事業主の開業でも可
・認定支援機関の支援 、認定支援機関が事業計画書の確認書の書類記入と捺印
・補助金の対象になるのは、採択後交付申請手続き(交付決定) が 済んでから

・補助金対象は交付決定日以降に係る支援が対象
このため、補助金応募に係る事業計画の作成費用は対象となりません。
・補助金の手続き等定めた交付規程に基づく各種届出書の代書費用は対象外
・補助事業終了後、5年間は収益状況の報告が必要です。収益が認められた場合は、補助金の額を上限として国に納付。

・交付決定時に100万円以上となっていれば、確定時に100万円未満となっていても補助金は支払われます。
・"海外需要獲得型起業・創業はヒアリングを実施します。
応募者と認定支援機関が対象となります。
・第二創業では、先代の経営者は役員を退任する必要はありません。
・既存企業の社長が、個人開業又は別法人を設立する場合は対象となります

2013年12月11日 NPO HIMIT

 NPO HIMITのミッションとして創業支援があります。創業は、手続きの複雑さもありますが、何と言っても資金調達が難航することが多いです。

 そのための支援として、現在 第3回創業補助金が公募されています(経費の2/3、最大助成200万)。公募期間が、平成25年12月24日(火曜)【当日必着】となっており、期限が差し迫っています。

 この創業補助金は、第1回募集開始日の翌日(平成25年3月23日)以降に開業された方であれば応募が可能です。また、第二創業(経営者が変わり、新規事業に進出する場合など)では、最大500万円の補助が受けられます。